難聴は補聴器で改善可能【デジタル処理で繊細な音を耳へ届ける】

MENU

診察

知っておけば役立つ

3つのめまいのタイプの対処法を予め知っておけば、いざめまいを生じた時でも慌てることがなく冷静に対処することができるメリットがあります。タイプ別のめまいの適切な対処法を知っておくことはとても自分自身にとって役立ちます。

補聴器

病院できちんと診察

年齢とともに耳の聴こえ方が悪くなる人は多いです。また、難聴になってしまった場合には当然聴こえ方が悪いです。そんなときは、補聴器を装着することで問題を解決することができます。これで安定して聴こえるようになるでしょう。

生活を充実させる

医師

健常者に近づけられる

難聴になっている人は音が聞こえにくくなり、様々な面で不便を感じています。そこで、補聴器を使うことによって不便なことを改善することができますが、使い勝手なども確認をして購入することが大切です。基本的な部分としては、難聴でも軽度から重度のレベルがあり聴力に合わせて調整をしてもらうことが必要です。そして、調整では耳鼻科で聴力などを調べてもらったうえで作ることが大切です。ちなみに、難聴にも種類があり伝音難聴や感音難聴などがあります。補聴器はただ音を大きくするだけでなくデジタル処理をしてよりクリアに聞こえるようにできます。特に、雷の音や車の走行音などの雑音を抑えることができます。そして、購入時に調整をするのですが、使っている間に変わってくるため微調整をしてもらうことが大切です。これによって、健常者の耳と同じように快適に使うことができます。実際に補聴器を作るにあたって、見た目や用途に応じて形を選ぶことが大切です。あまり目立たせたくないという人は耳穴型を選ぶ人が多く、普段から着用をして活用することができます。そして、できるだけ価格を抑えて購入をしたいという人は耳掛け型が人気で、カラーバリエーションも豊富になっていて使いやすいです。ちなみに補聴器に慣れないと使いこなすことができないため、極力普段から付けることが大切です。そして、先ほどもあったように見た目を気にする人は目立たない形を選ぶか、自宅で慣らして必要な時だけ装着をするという使い方もできます。

医師

症状は様々存在する

良性発作性頭位めまいという病がありますが、良性ということからもあまり悪化することもなく、運動を取り入れ耳石を除去することで、症状はおさまります。また、同じめまいの病でメニエール病がありますが、発作が長く続くのが特徴で難病に指定されています。

男性

選び方をチェックしよう

補聴器は、難聴の方をサポートする最適な器具です。安心して長く使い続けるためには、耳鼻科医に相談することが何よりも大切です。その上で自分に合った補聴器を選び、定期的に検診を受けましょう。また、アフターサービスが充実していると安心です。

女性

耳が原因で起こる病気

立っている時に起こるめまいの症状は、簡単に治る場合もありますが症状が重い時は注意もいります。この問題は耳の異常で発生しやすいので、気になる時は耳鼻科まで行って適切な検査を受ければ症状の原因を特定できます。